台湾現地就職日記85(台湾企業での経験編その39・日本企業連絡役と業務の苦悩)

日本企業との連絡役である日本営業チーム。
日本企業の完璧主義の要求と台湾のルーズさの板挟みはツラい。

前回の話はこちら↓

あわせて読みたい
台湾現地就職日記84(台湾企業での経験編その38・週末は台南へ!移動手段と乗り物酔い) 台中に住んでいたときは、週末よく台南に行って過ごしていた。 その移動手段はいくつかあるが、どこも混んでいて一番使っていたのは・・・。 前回の話はこちら↓ https:/...
目次

台湾現地就職日記(日本企業連絡役と業務の苦悩)

中国語能力が欠けているものの、社内で勤務し業務をこなすことは難しくなくなってきた。覚えるまでは大変だが、業務の流れが分かり慣れてくるとなんとかなるものである。初期に専門知識テストで赤点を取ったことが懐かしい。

日本の顧客からの連絡も頻繁になってきて、新規・既存の顧客との連絡で忙しい。特殊な製品なので新規顧客は契約までいかないことも多いが、説明をする時間を割かれる。営業でモノを売るのは難しい。

既存顧客との連絡は新しい製品購入の検討もあるが、主に不良品があった時に連絡が入る。日本まで不良品を取りに行くこともできないので、国際便で郵送してもらってから研究チームに原因を調査してもらうことになる。この調査はいつも非常に時間がかかる。

調査期間は研究チームからの回答から、多めに見積もって顧客に伝えるが、あまり長く見積りすぎると仕事が遅いと言われ、正直に期間を伝えると確実に間に合わない。これを上手にコントロールするのが、デキる営業なんだろう。私はそこまで上手ではないので、見積りを誤って顧客に怒られることも多い。

台湾企業で働いて約半年経ったころ。

日本人顧客の完璧主義な依頼を受け台湾でそれに応えようと頑張っていると、台湾の低賃金でこの仕事をしている意味はあまりないんじゃないかと考えるようになった。この仕事をいつまで続けるべきなのか悩み始めるのであった。

次回、台湾企業からの離職編その1・退職の決意と労働契約書

【台湾企業での経験編】
46(福利厚生その1・台湾中が見守る台風の進路)
47(福利厚生その2・誕生日のお祝い)
48(福利厚生その3・臨時ボーナスで雞排の差し入れ!)
49(寛大!日本出張ついでに帰郷休み)
50(台湾企業に就職するための大事な2要素)
51(職場での台湾語の使い方と使われ方)
52(台湾のクレジットカードを申請してみた)
53(貧乏社会人アパート暮らしと食事)
54(バイク免許取得の道・前編ペーパーテスト)
55(バイク免許取得の道・後編実技試験)
56(台湾の外国人が喜べない連休)
57(重要任務。台湾のランチ当番事情・前編)
58(複雑なオーダーはやめて!台湾のランチ当番事情・後編)
59(日本からの顧客接待の言語と通訳のタイミング)
60(月餅差し入れループ?台湾の中秋節)
61(厳しい!日本企業からの要求)
62(上司と私と後輩の日本語力)
63(機内快適!日本への出張)
64(ビジネスホテル滞在と至福の銭湯一休み)
65(日本人に「喜ばれない」手土産・・・?)
66(日本人に「喜ばれる」手土産3選)
67(東南アジアのグルメ?!工業地帯と周辺の環境)
68(台湾での外国人の賃金と生活費)
69(台湾のPCとキーボードと言語設定)
70(田舎工場地帯勤務のアフターファイブと晩酌)
71(日本食が食べたい!怪しい日本名のメニューを試す)
72(みんなタピオカ好き?職場で飲むドリンク)
73(凍える室内❗夏冬の服装)
74(離職率の高いアシスタントとその役割)
75(何食べるか迷う・・・出勤前の朝ごはん)
76(寝起きの試練❗朝イチと昼からの会議)
77(セキュリティは大丈夫?社内LINE大活用)
78(会社への来客者とその対応)
79(日本人の接待で喜ばれるお店)
80(貧乏社会人のなんでもない休日日中の過ごし方)
81(貧乏社会人のなんでもない休日夜間の過ごし方)
82(近くてもバイク出勤!)
83(オフィスワークの運動不足解消作戦)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる