台湾現地就職日記55(台湾企業での経験編その8・バイク免許取得の道・後編実技試験)

台湾で生活して10年目、台湾でバイク移動はとても便利。
今回は前回に続き、バイク免許の実技試験のこと。

前回の話はこちら↓

あわせて読みたい
台湾現地就職日記54(台湾企業での経験編その7・バイク免許取得の道・前編ペーパーテスト) 台湾に移住して10年目の奥西です。 以前台中で働いていたときのお話。今回はバイクの免許取得時のこと。 前回の話はこちら↓ https://tainan-jp.com/column/job/2070/ 【...
目次

台湾現地就職日記(バイク免許取得の道・後編実技試験)

前回、バイク免許取得のためのペーパーテスト、日本語の変な訳文に惑わされながらもなんとかギリギリ合格した。その後実技試験を受けるため監理站の外へ移動する。日本でも原付バイクによく乗っていたので、実技試験はおそらく問題ないだろうと余裕を見せる。

実技試験場では何人か順番待ちをしている。係員の人が実技試験で使うバイクはレンタル(別途費用)するかどうかを聞いてくる。自分のバイクを使う人は持ってきてくださいと。なるほど、そういうもんかとレンタルの申込みをする。

・・・ん?自分のバイクって・・・?おかしくない?

なぜ免許を取得する前に自分のバイクがあるんだ?保護者とか友人が代わりに持ってきてくれるのかな?まぁ自前バイクは少数派だろうと、周りをよく見ると、、、なんと私以外の受験生はみんなバイクを持ってきている!というより試験場まで乗ってきている。無免許運転ちゃうのこれ???謎だ。試験場でレンタルをしているのは私だけだった。

バイク免許実技試験内容は、大きく分けて2つ。
・15mの直線を7秒かけてゆっくり進むというもの。左右の線をはみ出したり、足を着いたりするとアウト。
・100mほどのコースを一周する。途中に信号や一時停止表示があり、守れなければアウト。

上記コースは二回失敗すると不合格になる。15mを7秒かけて進む、というのが練習なしでやるのはちょっと心配。実際ここで失敗する人が多かった。試験に失敗した人は、一週間経ったらまた再チャレンジできるらしい。

私は実技試験になんとか一発合格し、バイクの免許をGET!

ふと試験場を見ると、バイクの実技試験に不合格となった人が出てきた。不機嫌そうな顔でそのまま持ってきたバイクを運転して帰っていくのを見て、バイクの免許は果たして台湾で必要なのか?という疑問が湧いてくるのであった。

免許取得前のバイク運転は違反ですのでマネしないようにしてください

次回、外国人が喜べない台湾の連休

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる