台湾現地就職日記61(台湾企業での経験編その14・厳しい!日本企業からの要求)

台中で1年台湾企業で働いていたときの就職ブログです。
日本企業相手の営業なので、板挟みになり困ることが多い。

前回の話はこちら↓

あわせて読みたい
台湾現地就職日記60(台湾企業での経験編その13・月餅差し入れループ?台湾の中秋節) 台湾企業で働いていたとき体験したことを連載しています。 今回は、台湾の中秋節に食べる月餅について。 前回の話はこちら↓ https://tainan-jp.com/column/job/2444/ 【...
目次

台湾現地就職日記(厳しい!日本企業からの要求)

台湾企業に入社して7ヶ月。私は営業部配属で、顧客の100%が日本企業。日本語で顧客からの依頼を受け、中国語で社内に依頼内容を伝えて商品を発送、という流れの業務である。販売する商品は特殊なものなので、仕様や使い方の確認・サンプル送付など、本販売までそこそこ時間がかかる。

台湾企業でも日本企業の要求が厳しいのは周知の事実で、日本への商品は開発段階から検品、日本に届くまでどの部署も緊張感がある。社内から日本への商品発送後、社内ではひと仕事終わって安心、という感じだが、日本チームは商品が日本に届いてからも安心はできない。そう、不良品が出るのを恐れているのである。不良品の連絡はいつ入るかわからないので、商品が日本に届いてからもメールや電話には注意している。

不良品があったと日本から連絡が入ると、その商品を台湾に返送してもらう。届いてからは検証作業をしてどこに問題があったかのレポートを作成し、今後の改善案・予防策とともに顧客へ提出する。この提出が遅くなるとさらに問題が大きくなることを、日本チームは重々承知しているので、一刻も早くレポートの提出をしたい。

だが、開発チームは検証作業にあまり乗り気でないことが多く、「顧客の使い方が悪いんだ」「検品で異常はなかった」と話し、あろうことか「不良品は一定の確率で出る(ドンっ!)」と悪びれる素振りはまったくない。不良品を出しておいて、なんでこんなに自信満々なんだと呆気にとられる。「不良品は一定の確率で出ますので・・・」などと言えるはずもなく、日本チームはどのようにレポートを調整するのか、いつも頭を抱えるのだった。

次回、上司と私と後輩の日本語力

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる