台湾現地就職日記99(台湾企業からの離職編その14・お世話になった台中とのお別れ)

台湾から居留証を返却して日本に帰国。
次に台湾へ戻るときは観光ビザとなる。

前回の話はこちら↓

あわせて読みたい
台湾現地就職日記98(台湾企業からの離職編その13・空港での居留証返却) 台湾で1年間働いたがいよいよ日本への帰国。 退職してからは10日以内の出国となるなので、バタバタと忙しい。 前回の話はこちら↓ https://tainan-jp.com/column/job/371...
目次

台湾現地就職日記(お世話になった台中とのお別れ)

台湾から一時帰国して日本に10日間ほど滞在し、台湾行きの飛行機に乗りこむ。飛行機が桃園空港に着き、入国審査時にいつものように在住者の列に並ぶが、そういえば居留証がなかったんだ・・・と思い出し、一般観光客用の列に並び直す。台湾人気もあり、観光客用の列はすごく混んでいる。

1時間位並んでからようやく入国審査。今回は観光ビザで来たことを審査官に伝えて入国スタンプを押してもらう。何かいろいろ聞かれることも想定していたが、特に何も聞かれることはなくすんなり入国できた。

手荷物しかないのですばやく空港を出て台中行きのバスに乗り込み、アパートに向かう。ここで一泊してから、大家さんと会って解約し台南への引っ越しをする予定。このアパートでの最後の一日を過ごす。

最後の晩ごはんはいつも行っていた定食屋へ。いつものメニューを注文し思いを馳せながら食べる。無機質な工業地帯だが、ほぼ一年住んだ場所を離れると思うと少しさびしい気持ちになる。定食屋さんの店長さんにお別れを伝えると、

翌朝、いつも行っていた朝ごはん屋さんで食事を済ませた後、宅配業者さんに連絡して荷物を預けて台南に送ってもらう。アパートの解約をすると無事保証金が戻ってくる。大家さんに挨拶をして、タクシーの乗り込み台中を後にした。

こうして約一年間の台湾企業就職は幕を下ろすのであった。

次回、台湾現地就職日記100(台湾就職時代を振り返る)

【台湾企業での経験編】
45(台湾企業の福利厚生その1・全部消化!有給休暇)
46(福利厚生その2・台湾中が見守る台風の進路)
47(福利厚生その3・誕生日のお祝い)
48(臨時ボーナスで雞排の差し入れ!)
49(寛大!日本出張ついでに帰郷休み)
50(台湾企業に就職するための大事な2要素)
51(職場での台湾語の使い方と使われ方)
52(台湾のクレジットカードを申請してみた)
53(貧乏社会人アパート暮らしと食事)
54(バイク免許取得の道・前編ペーパーテスト)
55(バイク免許取得の道・後編実技試験)
56(台湾の外国人が喜べない連休)
57(重要任務。台湾のランチ当番事情・前編)
58(複雑なオーダーはやめて!台湾のランチ当番事情・後編)
59(日本からの顧客接待の言語と通訳のタイミング)
60(月餅差し入れループ?台湾の中秋節)
61(厳しい!日本企業からの要求)
62(上司と私と後輩の日本語力)
63(機内快適!日本への出張)
64(ビジネスホテル滞在と至福の銭湯一休み)
65(日本人に「喜ばれない」手土産・・・?)
66(日本人に「喜ばれる」手土産3選)
67(東南アジアのグルメ?!工業地帯と周辺の環境)
68(台湾での外国人の賃金と生活費)
69(台湾のPCとキーボードと言語設定)
70(田舎工場地帯勤務のアフターファイブと晩酌)
71(日本食が食べたい!怪しい日本名のメニューを試す)
72(みんなタピオカ好き?職場で飲むドリンク)
73(凍える室内❗夏冬の服装)
74(離職率の高いアシスタントとその役割)
75(何食べるか迷う・・・出勤前の朝ごはん)
76(寝起きの試練❗朝イチと昼からの会議)
77(セキュリティは大丈夫?社内LINE大活用)
78(会社への来客者とその対応)
79(日本人の接待で喜ばれるお店)
80(貧乏社会人のなんでもない休日日中の過ごし方)
81(貧乏社会人のなんでもない休日夜間の過ごし方)
82(近くてもバイク出勤!)
83(オフィスワークの運動不足解消作戦)
84(週末は台南へ!移動手段と乗り物酔い)
85(日本企業連絡役と業務の苦悩)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる