台南カフェ起業日記32(開店準備編その20・オープン前日の仕込みと焦り)

目次

台南カフェ起業日記オープン前日の仕込みと焦り)

店舗を借り上げてから改装やメニュー開発なしているうちに、2ヶ月ちょっと経った。時間が経つのはほんと早い。借りている物件なので、毎月家賃がかかる。他にも小物や調理器具などを購入して、出費はかさむばかり。少ない資金がさらに減り始め、だんだんと焦ってくる。

少し前に経営許可出たので、メニューの開発はまだ十分ではないがオープンしてしまおうということに。以前面接して採用したバイトのみなさんにも来てもらい、オープン日を伝えてシフトを組む。そういえばタイムカードもなかったと、近くの小北百貨に買いに走る。戻ってから、注文を受ける伝票もなかったと再び小北百貨へ。こんな調子でオープンできるのか?

いま提供できるものでメニュー表を作り、言語交流会用のホワイトボードを購入し音楽を流すためのスピーカーもセッティング。本棚に日本旅行関係の本を並べて、旅行の相談も受けれるようにする。バタバタと準備を進め、いよいよオープン日前日。

店内を丁寧に清掃し、トイレも磨き上げて準備万端。

数少ないお店のFacebookページにオープン日を書き込み、自分のページでシェアしてみるとなかなかいい反応。オープン日はどれくらいのお客さんが来てくれるだろう。

料理の下準備は慣れない作業なので、夜遅くまでかかり、カレーを煮込みながらどんどん不安な気持ちは膨らんでいくのだった。

次回、いよいよオープン日!大忙しだが・・・

以前の記事はこちら↓

台湾企業就職日記(全100話)はこちら

あわせて読みたい
台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る) 【台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る)】 約一年間勤務した台湾企業でしたが、体験談はいかがだったでしょうか。振り返ってみると、私が就職した企業はホワ...

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる