台南カフェ起業日記(序章)

前回まで「台湾就職日記」を連載していましたが、今回から「台南カフェ起業日記」の連載をします。

以前「言語交流カフェ」を2年間経営していました。

お店オープン準備から、閉店になるまでのお話を書いていこうと思います。外国人が台南でお店をオープンするにあたってぶち当たった問題や、面白いお客さんやスタッフ、ご近所さんなんかについて書いていきますのでぜひ御覧ください。

その前に少し弊社の紹介をいたします。

弊社の名前は「TIL space」。「T」はtravel、「I」はInformation、「L」はLanguageを提供する空間という意味です。会社名に「空間」の文字があるので、デザインをする会社だと勘違いされることも多いですが、いまは主に留学関係のお仕事をしています(いまも会社はちゃんとあります)。

いまでも会社を経営できているのは、いままで出会ったたくさんの方(常連さんや元スタッフ、業者さんや友人)に助けられたおかげです。この場を借りて御礼申し上げます。

以前カフェ時代は何度かニュースや新聞、雑誌などの取材も受けました。
以下のテレビ取材もありましたが、取材から放送までに1年かかり、放送されるころにはお店は畳んでいたので惜しいことをしたなぁと思っています。

20160305 台灣是我家    20160312 在台灣站起

では、明日から「台南起業日記」連載をしてまいります。
どうぞ何卒宜しくお願いいたします。

一話目はこちら

台湾企業就職日記はこちら

あわせて読みたい
台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る) 【台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る)】 約一年間勤務した台湾企業でしたが、体験談はいかがだったでしょうか。振り返ってみると、私が就職した企業はホワ...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる