台南カフェ起業日記③(台湾のルールは?写真と違う物件の謎)

目次

台南カフェ起業日記(台湾のルールは?写真と違う物件の謎)

591のサイトに載っていた物件を見に来たが、写真にあったオシャレなカフェの雰囲気とは全然違い、中には何もないどころか床は抜けそうなくらいボロボロで壁は塗装が剥がれ落ちている。あまりにも写真と違うので、「ほんとうにここですか?」と聞いてしまう。残念ながら写真で見たオシャレな物件は、お化け屋敷化したようで、ここで間違ってはいないようだ。夜に来てはまずかったのかもしれない。

なんでも、以前借りていた人が内装を元の状態に戻して退去したらしい。そのまま元に戻さずに貸したほうがいまの大家さんにとってもいいんじゃないか、と思ってしまうがそれが台湾のルールなのかもしれない。それにしても酷い状態である。裏が公園なので、なんだかよくわからない虫も住み着いている。ぶっちゃけ気味が悪い。

それでもこの物件は場所がとても良く、家賃もそこまで高くないので、改装費用やその他経費を考えるために一旦保留することに。でもどうしてもここが整備されて雰囲気の良いカフェになる想像がつかない。

物件の下見から戻り、建築関係に詳しい友人も呼んで、改めて改装に必要な経費や時間を計算してみる。水道管や電気系統に問題がなければ、改装はおおよそ2ヶ月ほどかかるようだ。また、改装費用も予算を遥かにオーバーしており、どう考えても採算が合わない。

予算の関係で借りれない、と断りの電話を入れると、大家さんがもう一度会いたいとの回答。もしかして家賃を下げてくれるのか、とドキドキして再度大家さんに会うことに・・・。

次回、値下げ交渉と直感

以前の記事はこちら↓

台南カフェ起業日記(序章)
①(起業準備と台南への引っ越し)
②(サイトで物件探しと下見)

台湾企業就職日記(全100話)はこちら

あわせて読みたい
台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る) 【台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る)】 約一年間勤務した台湾企業でしたが、体験談はいかがだったでしょうか。振り返ってみると、私が就職した企業はホワ...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる