台南カフェ起業日記④(大家さんとの交渉と決断)

目次

台南カフェ起業日記(大家さんとの交渉と決断)

お化け屋敷化した物件を下見したが、予算オーバーでちょっとテンションが下がったので、大家さんに断りの電話を入れる。しかし、なぜかもう一度会って話がしたいとお願いをされる。もしかして家賃を下げてくれるのかな、と少し期待をしながら再度大家さんに会いに行く。

今度はその物件内ではなく、外のカフェで会って話をすることに。もう一度昼の怖くない時間に物件をじっくり見たかったが、家賃のことがクリアになったらまた見に行こうと考える。まずはお金のことを解決したい。

大家さんは今回はなぜか3人一味で参加。なんでも、家族でその物件を管理しているので、一人の意見では決められないらしく決定権のある3人が揃って会ってくれている。どうも本気度が高く、もし家賃が満足いかない価格なら断りづらい雰囲気である。

しばらく話した結果、家賃の値下げ+オープンまでの改装期間も家賃を待ってくれるとのこと。唐突な好待遇にびっくりしてしまい、即答で契約をしてしまいそうになるが、グッと我慢して友人とじっくり考えてみることにし、その日の打ち合わせは解散。

友人と改装費用や家賃を計算し、金銭面は借りても問題ないという結論になった。でも、どうしても「気味が悪い」のイメージが払拭できず、また改装のイメージも湧かないので正式にお断わりことにした。

そんなこんなで物件探しは振り出しに戻った。

いい物件を探し当てるのは、一筋縄ではいかないようで時間だけが過ぎていく・・・

次回、台南の家賃は高い!物件探し難航

ーーーーーーーーーーーーーーー

以前の記事はこちら↓

台南カフェ起業日記(序章)
①(起業準備と台南への引っ越し)
②(サイトで物件探しと下見)
③(台湾のルールは?写真と違う物件の謎)

台湾企業就職日記(全100話)はこちら

あわせて読みたい
台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る) 【台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る)】 約一年間勤務した台湾企業でしたが、体験談はいかがだったでしょうか。振り返ってみると、私が就職した企業はホワ...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる