台南カフェ起業日記⑧(大家さんとの話し合いと元借主)

目次

台南カフェ起業日記(大家さんとの話し合いと元借主)

居抜き物件の大家さんと初対面!小さいバイクに二人乗りで颯爽と現れたおじいちゃんとおばあちゃん。台南の生活の一部を切り取ったような場面で和む。このお二人がこの物件の大家さんのようだ。

お互い挨拶を交わし、前の借主さんも入って話し合いをする。思ったとおり台湾語で話し始めるので、私と友人2人の日本人には全くわからない。台湾人の友人に同行を頼んで正解だったが、台南での起業の難しさを垣間見たような気がする。台湾語も勉強する必要があるかも。

家賃は思ったよりも安く、これなら商売がやっていけそうである。台湾の友人のおかげで物件の賃貸契約を結ぶことができそうだ。改装の許可や営業登録の話も快諾してもらえる。

話し合いが終わり、大家さんが帰ろうとするとき、元借主さんと台湾語で何やら話を始める。内容は全くわからないが、話し終わったあとで二人は抱擁を交わす。お疲れ様でしたみたいな感じで、話していたんだろう。なぜか目尻が熱くなり、引き継いだこの物件必ず繁盛させます、と誓うのだった。

次回、台湾の会社名決めと占い

ーーーーーーーーーーーーーーー

以前の記事はこちら↓

台南カフェ起業日記(序章)
①(起業準備と台南への引っ越し)
②(サイトで物件探しと下見)
③(台湾のルールは?写真と違う物件の謎)
④(大家さんとの交渉と決断)
⑤(台南の家賃は高い!物件探し難航)
⑥(居抜き物件の内覧)
⑦(居抜き物件と近所のおばちゃん)

台湾企業就職日記(全100話)はこちら

あわせて読みたい
台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る) 【台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る)】 約一年間勤務した台湾企業でしたが、体験談はいかがだったでしょうか。振り返ってみると、私が就職した企業はホワ...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる