台南カフェ起業日記12(会社登録とビザ手続きその4・厳しい!会社設立のためのビザの更新条件)

目次

台南カフェ起業日記(厳しい!会社設立のためのビザの更新条件)

会社の登記について準備をすすめ、書類への記入が終わった。おそらく1ヶ月ほどで問題なく許可が下りるだろうとのことで一安心。この審査期間を利用してお店の改装をしていこうと思う。1ヶ月で間に合うかはちょっと心配。

会社の登記の話の後、ビザについて詳しく聞く。

会社の資本金が50万元あれば、ビザの申請ができる。いわゆる台湾の老闆ビザ(社長ビザ)と呼ばれるもので、50万元資本の会社を設立すればビザは許可されるらしい。そうか、思ったよりも老闆ビザは簡単に取得できるんだな。

ホッとした僕らの顔を見て「でも・・・」と、会計士は続けて話す。このビザ更新のとき、一年間の売上が300万元未満だと、ビザの更新ができないらしい。300万元って、、、日本円で1000万円以上ってこと?開業して一年目に1000万円売上って相当厳しいと思う。1年で300万元ってことは、1ヶ月25万元・・・営業日で一日あたりだいたい1万元くらいの売上が必要になるのか。うーむ、、、

そういえば、日本人が台湾でお店を開いて1年くらいで帰国する方が多いけど、こういう理由があったのか・・・。カフェで達成できるのかものすごく不安になってきた。

次回、どこまで改装?居抜き物件

ーーーーーーーーーーーーーーー

以前の記事はこちら↓

台南カフェ起業日記(序章)
①(起業準備と台南への引っ越し)
②(サイトで物件探しと下見)
③(台湾のルールは?写真と違う物件の謎)
④(大家さんとの交渉と決断)
⑤(台南の家賃は高い!物件探し難航)
⑥(居抜き物件の内覧)
⑦(居抜き物件と近所のおばちゃん)
⑧(大家さんとの話し合いと元借主)
⑨(台湾の会社名決めと占い)
⑩(代行業者は会計士?気になる費用)
11(全部登録はあり?会社の営業項目)

台湾企業就職日記(全100話)はこちら

あわせて読みたい
台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る) 【台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る)】 約一年間勤務した台湾企業でしたが、体験談はいかがだったでしょうか。振り返ってみると、私が就職した企業はホワ...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる