台湾現地就職日記27(仕事開始編その7・ミーティングでの中国語)

台中で現地法人に就職していたころの話を掲載しています。
中国語はおろか英語もままならないアラサーは、試用期間をどう乗り越えるのか?

前回の話はこちら↓

台湾現地就職日記26(仕事開始編その6・中英日言語の教育)

台湾現地就職日記(ミーティングでの中国語)

入社した台中の会社での新人教育2日目の朝、昨晩は早々と眠りについたので午前6時に目が覚める。

たっぷり睡眠を取ったので頭がとても冴えている。身支度を整え、朝ごはんのお店でゆっくりモーニングのコーヒーをすすりながら、お店に置いてある新聞を読む。何を書いているのかよくわからない中国語の新聞を眺めながら、「うむ」と頷きトーストをかじる。企業戦士、という言葉が頭に浮かぶが、まだ新人教育を受けて2日目のペーペーなのである。

勤務開始2日目、朝一で営業部全員が会議室に移動。どうやら営業部全体で毎週定期ミーティングがあるようだ。始業前の小テスト勉強を切り上げ、バタバタと筆記用具に電子辞書を準備し会議に出席。まず全体に新人として入社した挨拶をする。頑張って中国語で自己紹介をするが、通じていない気がしないでもない。会社での自己紹介を練習してくれば良かったと後悔する。

営業部全員の簡単な自己紹介をしてもらったあと、ミーティングが始まる。部長が業績やクレームなどの問題を話している・・・んだと思うが、99%何を言っているのかわからない。これはとてもマズい。中国語について自分が話す能力が低いのは自覚しているが、聞き取りには自信があったのでとても焦る。話している内容を必死にカタカナでメモを取るが、話すスピードが早すぎる!途中から頭が真っ白になりペンが止まり、嫌な汗が背中を流れる。

ビジネスで使う中国語は、こんなにわからないものなのか・・・。今後このミーティング内容がすべて理解できる日が来るのか?と、とても不安になるのであった。

次回、新人教育終了

バックナンバー↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA