台湾国産MEDIGEN(高端)ワクチンの第II相臨床試験

The Lancet Respiratory Medicineから10月13日に台湾国産MEDIGENワクチンの第II相臨床試験(Phase II)の結果が発表されました。

台湾国内における3844名の研究対象者のうち、3295名がMEDIGENワクチン接種、他549名がプラセボ対象群、1053名が血液検査を受けました。
対象者はすべて20歳以上で、Exclusionされたのは免疫疾患、経口ピル使用者、がん再発、エイズ、肝炎、新型コロナウイルス感染者、ワクチンアレルギーやその他実験に影響する持病のある方たちでした。

副作用のうち一番よくみられたのは疼痛で約6割、続いて頭痛や筋肉痛でした。ワクチン二回目接種のほうが一回目接種より副作用が少なかったようです。

ワクチン二回接種された99.8%の方に抗体免疫反応がみられました。


ワクチン接種後57日目の中和抗体平均濃度は662で、30以上あれば有効とされる基準では十分な量といえそうです。
第III相臨床試験や幅広い年齢層に対する有効性を調べる試験を進め、国際的な認証を得られるかどうかが鍵になりそうです。

参考:Safety and immunogenicity of CpG 1018 and aluminium hydroxide-adjuvanted SARS-CoV-2 S-2P protein vaccine MVC-COV1901: interim results of a large-scale, double-blind, randomised, placebo-controlled phase 2 trial in Taiwan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA