物価上昇が急激に進んでいます

今年に入り急激に不動産価格が上昇がしていますが、物価上昇は生活必需品にも波及し始めています。

10月に入り台湾飲食業最大手の王品グループがすべてのブランドで平均5%の値上げを発表しましたが、11月に入りシェラトンや晶華酒店など大手ホテルのレストランも値上げを発表、18日にはマクドナルドも緊急値上げを発表、日本人に人気の鼎泰豐(ディンタイフォン)もほぼすべての商品を10~20元値上げすることを発表しました。

飲食業以外でも油、肉類、野菜類、カップラーメンなどでも値上げが相次いでおり、生活用品のティッシュや掃除用品などにも値上げが広がっています。

その他車ではトヨタがRAV4など輸入車を6萬元値上げし、フォルクスワーゲンやゴルフなども追随し値上げを発表、家電製品でもフィリップスなどが来年1月1日より10%~20%の値上げを発表しています。

台湾政府は来年には物価上昇は落ち着くとしていますが、専門家からは見通しが甘いとの声もでています。

物価上昇は当面の間続くと予想されていますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA