本協会初めての講演会が開かれました☺️

本日、本協会初めての講演会が台南公会堂で開かれました☺️

14時から開始予定でしたが13時過ぎには会員が集まり、会場のセッティングを行いました。協会の横断幕をステージにつけて準備万端です。

はじめに

まず司会の大洞さんから会場となった台南公会館の歴史を簡単にご紹介いただきました。実は日本の大正時代に建てられたそうで、歴史ある建物なんだとか。

続いて野崎理事長から本講演会の参加に対する感謝、並びにこれまでの協会の活動についての紹介がありました。

本講演会の講演者・古関先生からまずは簡単な自己紹介や、奇美病院へのお弁当寄付に対する感謝などが述べられました。

講演開始

「みんなのコロナ学習」では、ウイルスの紹介やコロナの症状、治療方法などがわかりやすく教えていただきました。個人的に「コロナ」の語源がギリシャ語の王冠だったという豆知識が興味深かったです💡

要所要所でQRコードを通して参加するクイズが。みなさん積極的に参加されており、解答が割れる場面も。

また関心が高まるコロナワクチンについても。ワクチン摂取後の発熱症状を和らげるために、摂取前に水を飲んだり、解熱薬のアセタミノフェン(商品名普拿疼)を服用した経験などをシェアしていただきました。台南在住の日本人にとってなかなか把握しづらい台湾でのワクチン摂取の予約などについてもわかりやすく解説いただきました。

その後質疑応答では、子どものコロナ感染予防方法やブースターワクチンに対する質問がされました。

参加者自己紹介

最後に参加者一人ずつ自己紹介を行い、講演会が終了。

和やかな雰囲気で楽しい講演会でした✨

次回の講演会

来月の講演会は大洞さんによる「台南で蕎麦屋を開く」です!楽しみですね☺️今回参加してくださった方々、準備をしてくださった方々、本当にありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる