奇美医院に手作り弁当150食を寄付

左から野崎氏、邱仲慶院長、黄偉哲市長、関口氏、大槻氏

本日5月25日正午、レストランを経営する3名の本協会会員より、台南一大きな民間総合病院である奇美医院のスタッフの方々に、合計150食のお弁当が寄付されました。

提供者は「神戸厨房」の福田雄介氏、「貴一郎S.R.T燒肉」の大槻一郎氏、「Mr.拉麺」の野崎孝男氏です。また奇美医院に勤務する日本人医師で本協会会員でもある古関氏が橋渡し役となってくださいました。

奇美医院

一週間ほど前から計画を練り、料理を思案し、試作を重ね、本日の早朝から各自の店舗で製作。作りたてのお弁当を、会員の関口氏と野崎氏がクーラーを効かせた車で慎重に医院までお届けいたしました。

山と積まれたお弁当

プロの方々が心を込めて作られたお弁当の中身は「トンカツ巻き」(福田)「ポーク/ビーフカレー サラダセット」(大槻)「鯛蒲焼き丼」「冷やし中華」「野菜のバター醤油炒め弁当(肉類不使用)」(野崎)です。多忙によりすぐには召し上がれない方がおられることにも考慮して、具材にはしっかり火を通し、かつ冷えてもおいしく食べられるものを選びました。ベジタリアン向けのお弁当もあります。

また、お弁当の蓋には「謝謝!」や「加油!」(がんばって!)といった、各オーナーや製作にたずさわった従業員からの温かいメッセージが添えられています。

受け渡し時には邱仲慶院長より感謝状が送られ、また黄偉哲台南市長も足を運んでくださいました。台南でも昨日から店内での飲食が禁止になるなど、飲食店経営者にとって非常に厳しい状況が続いているのは衆知の事実。

黄市長は、そんな中にあって日本人の有志が150食ものお弁当を無償で提供してくれたことに感謝の言葉を述べられ、かつ本協会に寄せる期待についても語られました。

厳戒態勢下、ストレスの中で懸命にお仕事をされている病院スタッフの方々が、これらのお弁当を通してひとときの安らぎを感じてくださればと、協力者一同、心より願っております。

左から大槻氏、野崎氏、撮影協力の奥西氏

*  *  *  *  *

 以下は各レストランの所在地とウェブサイト。各店ともテイクアウトを受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

神戸厨房(東區東豐路259號)

貴一郎SRT燒肉(東區東豐路179號)
&貴一郎SRT燒肉咖哩(中西區府前路一段189號)

Mr.拉麵(安平區怡平路123號など)

*  *  *  *  *

以下は地元メディアによる報道記事です(中国語)。

中央社自由時報聯合新聞ETtoday東森新聞雲

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる