台灣6月のCPI、前年比3.59%

台湾主計総処が6日発表した6月の消費者物価指数(CPI)は、前年比3.59%上昇と約14年ぶりの高水準となりました。4月の3.38%、5月の3.39%に比べ上昇が加速しています。

変動の大きいエネルギー、野菜、果物を除いたコアCPIも前年比2.77%となり、過去13年間で最高となっている。

台湾では外食や食料品、生活用品の値上げが相次いでいる。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる