台南料理をたっぷり堪能!府城食府正宗台南料理

目次

府城食府正宗台南料理(台南總店)

台南といえばグルメ。グルメといえば台南。台南には台湾国内外から美味しいものを求めて来る観光客の方がたくさんいらっしゃいます。美味しい台南料理を食べれるお店はたくさんがありますが、今回紹介する府城食府はそんな台南料理を心ゆくまで楽しむことのできるレストランです。

台南料理をたっぷり楽しむため、円卓でコース料理(合菜)を注文しました!

自分の席に準備されているお皿からも、これから美味しいものが運ばれてくることがわかります。

一品目はオードブル。エビ巻フライ(蝦卷)や台湾ソーセージなど台湾料理を味わえます。のっけから台湾ビールが欲しくなる味付け。この日はバイクで来たので激しく後悔しました。

上の取り分けるオードブルの他にも各席にサラダも。さっぱりしたドレッシングがかかっており、いくらでも食べれそう。ホタテもプリプリでサラダとよく合います。

オードブルが終わり、台南名物のおこわ(米糕)。

台南らしく少し甘めな味付けですが、備え付けの酸味の効いたキュウリがちょうどいいバランスをとってくれています。

次に出てきたのは魚の蒸し物。細切りのネギと、ごま油醤油ベースの味付けの蒸し魚がよく合います。大きい身だな、と思っていたら魚肉の下には豆腐が隠れていました。

続いて胡椒蝦(エビの胡椒炒め)。頭も尻尾もまるごと食べれるくらいカリカリで、中の身はぷりぷり。揚げ具合が最高で、胡椒と唐辛子のピリッとした味付けもたまりません。あぁ、バイクで来なければビールが・・・(2回目)

続いてさらに追いエビ!エビ味噌を使った蒸し料理かな?

エビで作られたつみれは、エビを食べるよりもエビの風味が強く、でもあっさりしていて何個でもいけそうです。

エビ2連続のあとはさっぱりと野菜の煮付け。たぶんエリンギのオイスター煮と思いますが、中にはたっぷりと蒸し白菜が入っています。野菜の甘味がしっかり味わえる一品でした。

もうこのあたりですでにお腹がいっぱいですが、まだ続きます。チキンの冬瓜とクコの実スープ。お腹いっぱいでも食べられる、漢方の効いたスープを飲むと不思議とまた食欲が湧いてきます。冬瓜もチキンもホロホロと口の中でほぐれます。

そろそろデザートのようです。台南といえば豆花!ここでは自家製の豆花を昔のスタイルで店員さんが丁寧に装ってくれます。

手作りの優しい素朴な豆花にもちもちのタピオカと黒蜜をたっぷりかけていただきます!

デザートはまだありました。あずきの蒸しケーキのようなもの。食感はチーズケーキに近く、甘めは控えめで見た目よりも食べやすいです。

最後にフルーツの盛り合わせが出てきました。どれも台南らしい甘味がたっぷりある南国のフルーツといった感じでした。

店内は台湾の伝統的なレストランといった感じでしょうか。

店内の様子はこちら

日本から来た方にはぜひご賞味いただきたいレストランですね。

台南市日本人協会の特約店にもなっています!

<お店情報>

店名:府城食府正宗台南料理(台南總店)

住所:台南市安平区華平路152号

電話:06-2951000

営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00

WEB:http://tncr.dondom.com.tw/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる