【重要】海外在留邦人等の一時帰国時のワクチン接種事業(第三報:アストラゼネカ製のワクチン接種の開始)

日本台湾交流協会から転載

7月14日付ホームページ(※)でお知らせいたしました「海外在留邦人等の一時帰国時のワクチン接種事業」の第二報に続き、第三報として、アストラゼネカ製ワクチンの接種開始についてお知らせします。

 ※2021年7月14日【重要】海外在留邦人等の一時帰国時のワクチン接種事業(第二報:予約受付の開始)|公益財団法人日本台湾交流協会
https://www.koryu.or.jp/news/?itemid=2396&dispmid=5287

 日本国内でアストラゼネカ製ワクチンの使用が認められたことを受け、現在実施中の海外在留邦人等向けワクチン接種事業においても、今月25日から、条件を満たす希望者の方に対し、アストラゼネカ製ワクチンの接種を行います。概要は以下のとおりです。

1 本事業の対象者のうち、以下(1)又は(2)の条件を満たす方は、成田空港及び羽田空港において、アストラゼネカ製ワクチンの接種が可能となります。
(1)既に居住地でアストラゼネカ製ワクチンを1回接種している方で、居住地で2回目の接種を受けることに懸念等がある方
(2)アレルギー等により、mRNAワクチン(ファイザー製ワクチン)を接種できない方で、居住地でワクチン接種を受けることに懸念等がある方

2 本事業でアストラゼネカ製ワクチンの接種を希望される方は、8月18日(水)正午(日本時間)以降、以下の特設サイトを通じて事前に接種予約をする必要があります。
https://mar.s-kantan.jp/mofa-v-u/

3 なお、詳細は以下の外務省ホームページを御覧ください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA