春聯&書き初めワークショップ


1月2日は書き初めの日。福田理事が経営されるレストラン・神戸廚房をお借りして、「春聯&書き初めワークショップ」を開催しました。

ファシリテーターを務めたのは、HPにイラストコラム「花ちゃんのんびり台南」を連載しているイラストレーターのチク(陳竹君)さんです。

初めに「日本と台湾のお正月の雰囲気はどう違う?」「お正月に関わる昔話や伝説を知っている?」などのテーマでしばし懇談した後、白い書道用紙に日本式の書き初めをし、赤い紙に台湾式の春聯を書きました。

「笑門来福」「一生懸命」「早寝早起き」「祝虎」「虎爛大師」「愛はすべてを美しくします」「男はつらいよ」などなど定番のものからユニークなものまで、皆さん色々な言葉を書かれていました。

作品の一部は1月16日の講演&新年会にて展示させていただいた後、皆様にお返しいたします。

会員と非会員の割合はほぼ半々で、地元の方々とのよい交流活動にもなりました。チクさん、会場をご提供くださった福田理事、どうもありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる