会員向け台湾語授業がスタート

今週水曜日夜から、本協会内の台湾語サークルための台湾語授業が始まりました。月2回、プロの台湾語教師の方からオンラインで台湾語を教わります。
このサークルのきっかけは、私が8月に軽い気持ちで「一緒に台湾語を勉強しませんか」と協会の方々に声をおかけしたことから始まります。5人も集まればいいほうだと思っていたところ、希望者はすぐに10名を超えてしまいました。「中国語はある程度できるんですが、台湾語はほとんどできなくて。」、「台湾に長く住んでいるのに、台湾語を学ぶチャンスがなかなかなくて」、と皆さんの動機は似たりよったり。私たちの住む台南は台湾語を主に話される方が多く、台湾語ができたらやっぱり便利です。また日本人が台湾語を使うと、「へえ、台湾語ができるんですか!」と驚かれ、相手へのインパクトや高感度が全然違うことも。
さて、一昨日のクラス開講日までに希望者は増え続け、結局14人に(その後また増え15人!)。第一回目の授業では皆緊張した面持ち。しかし終わる頃には次第に皆、口を開いて練習するようになっていました。気恥ずかしさが消え、だいぶ慣れてきたようです。実はこのクラス、日本在住の3名の会員の方々も参加されています。普段あまり交流ができない方々と顔を合わせるのにもいい機会だと言えるでしょう。
この台湾語サークル、今はまだ初級クラスですが、皆で根気よく続け、将来は中級クラスも開けたらいいなと思っています。なお、このサークルの運営に当たっては、協会から一部、資金の援助をいただいております。この場を借りて感謝申し上げます。【文責:関口要】

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる