烏山頭ダム/嘉南大圳着工100年式典に招いて戴きました ②

お久しぶりです!成功大学の常定です 今回は実際の式典の様子について書きます! 前回

式典の内部は前方が来賓客用、後ろは一般客、そして左右に報道陣となっていました。
式典の内容はこちらから全て見れます→百年圳流-嘉南大圳開工滿百周年紀念典禮|民視快新聞|

見ての通り一般客が大勢いました

最初は演奏があり、
演奏はこちらから

自分は音楽についてはさっぱりなので、何の曲か説明が有っても「ほ〜ん」としか言えず

人がパラパラ集まり出した頃に周りが騒がしくなり、みんな立ち上がって拍手し始めて何事かと思っていると
台湾総統の蔡英文が入場

初めて蔡総統を見たのですが可愛らしいおばあちゃんといった印象でした。

この式典は毎年行われるのですが、総統が来ることはなかなか無いとのこと。非常に運が良かったです。野崎さんありがとう!
そうこうしている内に式典が始まり、中継で繋がっている八田与一の故郷金沢市の来賓紹介、
そして森喜朗前首相、現職衆議院議員、参議院議員、総統府資政からのビデオメッセージ。

安倍元首相からのビデオメッセージも。

その後は台湾側の来賓のスピーチ。

台南市長の黄 偉哲
旧正月の時に日本に帰れない新成人の後輩たちの為に成人式を兼ねた交流会を開いてくれました。ありがとうございました。

行政院長の蘇 貞昌、日本で言う首相のポジション

そして推しメンの総統、蔡 英文。

スピーチの後はハートマーク(?)やピースをして記念撮影

板持たされれてちょこんと座ってる蔡英文や台南市長が可愛らしかったです

そして最後に八田与一作詞の「烏山頭舞」を中継先の金沢市と台南市で一緒に踊りました。烏山頭舞の様子

皆さん衣装も踊りも素敵でした! 祖母が踊りをしていたのでとても懐かしく感じました。祖母の先生が真っ赤な口紅、片手にはパイプ付きのタバコ、移動は全てタクシーだったのも印象に残っています。

 

式典はこれで終わりでしたが、式典の後にどうやら親子向けの劇が同じ会場であるらしく、式典の終了が’告げられると共にさっきまで待機してた保護者たちが我々来賓が座っていた前側の席を確保しようとダッシュで会場に流れ込んで来ました。運動会で我が子のベストショットを撮る為にブルーシートで陣取りをし合い、死闘を繰り広げる日本の保護者を彷彿させる様でした。どこの国でも子供を思う気持ちは一緒なんだなあと保護者たちに会場を追いやられながら思っていました。

 

今回はここまで!次回は例の記念品について書きます!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる