台南カフェ起業日記99(お店経営で発見した文化の違い編・お店のレシートで宝くじ)

目次

台南カフェ起業日記99(お店経営で発見した文化の違い編・お店のレシートで宝くじ)

台湾のお店のレシートは宝くじになっている。レシートを発行しているお店での買い物は1元のレシートでも抽選を受けることができるのが嬉しい。レシートくじの抽選は2ヶ月に一回あり、一番下の当選金額は200元、最大当選額は1000万元となっている。レシートくじの当選率は0.5%前後の確率なので、200枚に一枚くらいの確率で当たる。毎日買い物をしていれば、1家庭で一ヶ月あたりのレシートは150枚そこそこの量になるわけで、当選率は低くはない。台湾で生活している人にとって、レシートくじは楽しみの一つになっている。

このレシートの発行は、法律で定められた条件に合致する個人商店は発行しなくて良い特例があるが、それを除くとレシートを発行しなくてはならない。レシートの発行のためには、手書きでの発行も可能だが効率が悪いのでレジを使う。このレジに会社の登録番号の入った印鑑をセットし、レシートを発行する。お客さんはお金を払ったら、レシートを持って帰ってレシートくじの抽選を受けることができるのだ。

お店のレジは中古で購入したものなので、少し古い。レシートは会計士から送ってもらっている台湾政府が発行しているレシートの用紙で、ロール状になっている。このセットがなかなかうまくいかず、レシートがなくなってから新しい用紙をセットするまで10分ほどかかってしまう。そのときは手書きで対応したりするのだが、そんなときに限ってレシートくじの抽選を多く受けたいからと、精算を分けてしてくれと頼まれることもあり、ちょっとめんどくさかったりするのだ。

次回、台湾で好き嫌いの多い野菜は?

台湾企業就職日記(全100話)はこちら

あわせて読みたい
台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る) 【台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る)】 約一年間勤務した台湾企業でしたが、体験談はいかがだったでしょうか。振り返ってみると、私が就職した企業はホワ...

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる