台南カフェ起業日記68(カフェで出会った方々編・時間にルーズなスタッフ)

目次

台南カフェ起業日記(時間にルーズなスタッフ)

以前の就職日記でも書いたが、台湾人の方には時間ルーズなところがある。待ち合わせの時間に遅れてくることは良くあるし、仕事の納期も余裕で遅れての提出となる。仕事ではこの遅れも計算に入れて予定を組まないといけない。

うちのスタッフも時間ギリギリか5分程度の遅刻なんていうのはザラだ。店長として、10分くらいまでの遅刻は仕方がないかなと大目に見るようにしている。こう思ってしまうのも、台湾現地化してしまっているのかもしれない。

連絡なしで10分を超えて遅刻して来たスタッフにはさすがに注意をする。注意をしたらその週はなんとか遅刻無しで頑張っているようだが、遅刻癖のあるスタッフは言っても直らないようで、翌週にはきっちり遅刻を繰り返す。何度言っても直らないスタッフには、心苦しいが厳重注意して退職してもらうこととなった。

台湾で飲食店を経営している方々は、この時間管理についてどうしているんだろう?台湾でスタッフを雇うのはなかなか難しい。

次回、閉店後彼氏に迎えに来てもらうスタッフ

台湾企業就職日記(全100話)はこちら

あわせて読みたい
台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る) 【台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る)】 約一年間勤務した台湾企業でしたが、体験談はいかがだったでしょうか。振り返ってみると、私が就職した企業はホワ...

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる