台南カフェ起業日記57(カフェで出会った方々編・日本留学していたことについて熱く語るおばちゃん)

目次

台南カフェ起業日記(日本留学していたことについて熱く語るおばちゃん)

カフェでは日本への留学も案内しており、ビザの手続案内や学校の紹介をしていた。カフェ内での説明会も何度か開催、開催時には満員御礼でご好評いただいていた。この手の説明会は台湾ではまだまだ少ないのかもしれない。今後留学方面の事業はますます期待できそうな予感がする。

ある日午後3時頃の忙しくない時間帯にふらっとご来店いただいたおばちゃん。頑張って日本語を使って話しかけていただく。お客さんは日本語を使いたいらしく、忙しくない時間帯なので会話を楽しむことに。おばちゃんは20年前に日本留学をしていた経験があり、東京で2年間日本語の勉強をしていたらしい。その時の経験談をとても熱く語ってくれる。そのころは台湾から日本へ行く留学生は、今に比べるとたいぶ少なかったようで、アルバイトをしながら学費を稼いで頑張って生活をしていたようだ。

でも、20年前に勉強した日本語は台湾に戻ってからは使っていないらしく、さすがに忘れたようで途中からはほとんど中国語での会話となった。台湾に戻ってから日本語を使う環境はうちのお店があるので、今後交流会へご参加いただけるように案内。でも主婦なので平日夜は難しく、土日どちらか日中での開催をご希望いただく。こういう需要もあるんだな、と交流会の定期開催を増やそうと考えるのだった。

次回、台湾語しか話せないおばあちゃん

台湾企業就職日記(全100話)はこちら

あわせて読みたい
台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る) 【台湾現地就職日記100(台湾企業就職を振り返る)】 約一年間勤務した台湾企業でしたが、体験談はいかがだったでしょうか。振り返ってみると、私が就職した企業はホワ...

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる