【必見】台南留学で注意すべき5つの「マナー違反」💥

こんにちは、成功大学に正規留学をしていた佐藤あさえです☺️台南留学に関するコラムを書いています〜これまでの投稿はこちらからどうぞ!

今回は台南留学中に知った「実はマナー違反にあたること」を5つ!台湾人は優しいので、怒られたり注意されたりしたことはありませんでしたが、後からマナー違反だったと知ったことがいくつか紹介します~

1、雨の日でもビーチサンダルを履いてはダメ!🙅‍♀️

台湾では「涼鞋」「脫鞋」が違うものと認識されています。

「涼鞋」はかかとにストラップのついている靴

「脫鞋」はビーチサンダルのようにペラペラの靴

後者を履いて授業に出たりするのは教授に対して失礼にあたると考える人もいるようで(そうでない人もいるようですが)、目上の人に会う用事がある時は避けたほうが良さそうです。

2、自分の分のティッシュだけ取ってはダメ!🙅‍♀️

台湾のローカルレストランではテッシュが壁にくっついている場合がほとんど。必要な時に席を立って取りに行くのですが、台湾では自分のテッシュを取る際に他の人の分も取ってあげるのが暗黙の了解。自分の分だけ取ると自分勝手だという印象を与えることもあるそうなので、ぜひ人数分取ってあげましょう。

3、目上の人に「你」を使ってはダメ!🙅‍♀️

目上の人に対して、

好」「知道嗎?」「可以麻煩嗎?」などど「你」を使うのはあまり好まれません。

かわりに

醫師好」「老師知道嗎?」「可以麻煩阿姨嗎?」など役職等で敬意を表すようです。

4、靴をプレゼントしてはダメ!🙅‍♀️

台湾ではハンカチ、時計、靴などいくつか人にプレゼントしてはいけないものがあります。

理由はそれぞれありますが、靴を送ると「これを履いて私から離れて欲しい」という意味になるからだとか。知らなければプレゼントしがちなものもあるので、贈る前に要チェックです。

5、トイレでテッシュをむやみに流してはダメ!🙅‍♀️

これはよく聞く話だと思いますが台湾のトイレはテッシュペーパーを流せないところが多いです。というのも「トイレットペーパー」のように水に溶けるテッシュがあまり普及していないから。

ところが最近では流せるところも増えており、逆に「テッシュを流してください」と張り紙がしてあるところも。

一方で場所によっては流すとトイレがつまってしまうところもあるので、トイレをかりる際には流せるかそうでないか確認したほうが良いです。

まとめ

いかがだったでしょうか。その他台南留学について気になることがあればぜひコメントください!いつもいいねやシェアが励みになっています✨

 

※上記5つは私が台湾人に教えてもらったり、留学中に感じたりしたことで、人によってマナー違反に感じない方もいるようですので、参考程度に読んでいただければ幸いです。

※ 写真はいらすとやさん 、ETtodayさん、人間福報さんからお借りしました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる