台湾現地就職日記24(仕事開始編その4・台湾のお昼寝文化)

台中でお仕事していたときのお話を掲載しています。
今回で24話目になります。バックナンバーもぜひ御覧ください。

前回の話はこちら↓

あわせて読みたい
台湾現地就職日記23(仕事開始編その3・お昼ごはんの注文) 台中で仕事をしていたときのエピソードを連載しています。 中国語があまりできない日本人の台湾企業奮闘記。 前回の話はこちら↓ https://tainan-jp.com/job/881/ 【(お...
目次

台湾現地就職日(台湾のお昼寝文化)

勤務初日。働いている会社は中小企業なので、お昼ごはんは食堂や会議室などに集まって食べるのではなく、自分のデスクでデリバリーのものを食べる。たまには外出してランチもできるが、工業地区なのでバイクで少し走らないとレストランはない。しばらくは台湾のデリバリー文化で楽しむしかない。デスクで食べるので、パソコンがあるので、汁物を食べるときは少し注意が必要。デスク周りが散らかったいる人は大変だろうなと思う。

八方雲集の餃子を食べて、お昼休みはまだたっぷり40分ほど残っている。10分くらいパソコンで午前中教えてもらったことを復習してみるが、まだ30分もある。この時間は何をしようかな、とちらっと周りを見てみる。すると・・・

みんな寝てる!

机に伏せて寝るスタイルが多く、小さい枕を持参している人も多い。アイマスクとネックピローで仰け反って、見るからに快適な睡眠を楽しむ人までいて昼寝のスペシャリスト感がある。台湾では昼寝する人が多い、と聞いていたが、会社でもそうなのか。最近ネットで見た「シエスタ」の文字が頭に浮かぶ。そう、ここ台湾はシエスタプロが多いのだ!さらに床に布団を敷いて昼寝したりチェアベッドを広げてシエスタしてる人はいないか、と探すがさすがにいなかった。

昼寝初心者の私は学生時代を思い出しながら、小さなハンドタオルを腕に置いてしばし睡眠を取ることにしたが、初日の緊張感はどこへやら、30分よだれを垂らしてシエスタするのであった。

次回、アラサー新人教育を受ける

バックナンバー↓

【就職活動・面接編】
①(サイトへの登録) ②(面接までの道のり) ③(面接会場までの試練)
④(面接会場での落胆)⑤(求人サイト登録の見直し) ⑥(挫折と職種の見直し)
⑦(面接のチャンス到来)⑧(台中への面接) ⑨(いよいよ面接!)
⑩(台中での面接その2) ⑪(台中での面接その3)
⑫(台中での面接その4) ⑬(面接から数日後の話)

【就労ビザ取得まで】
⑭(内定から仕事開始まで・その1) ⑮(内定から仕事開始まで・その2)
⑯(内定から仕事開始まで・その3) ⑰(内定から仕事開始まで・その4)
⑱(内定から仕事開始まで・その5)⑲(内定から仕事開始まで・その6)
⑳(内定から仕事開始まで・その7)

【現地企業・仕事開始編】
21(仕事開始その1・台湾人同僚の名前) 22(仕事開始その2・ビジネスで使う中国語)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる