台湾現地就職日記⑭(内定から仕事開始までその1・就労ビザ取得の流れ)

目次

台湾現地就職日記(就労ビザ取得の流れ)

前回まで就職活動についてお話しましたが、今回からは「就労ビザ取得」について経験を書いていこうと思います。

ついに就職が決まり、浮かれ気味なアラサー男。次週、雇用契約と就労ビザの手続きのため、台中の会社へ出向くことになった。来週まで時間があるので、仕事で使う中国語を友人と言語交換で学ぶ。

就職が決まって、就労ビザを取得する必要があるのでウェブで関係情報を調べる。調べていくと、就労ビザ取得から居留証を手に入れるまで、かなり時間がかかる。最終的に「居留証(ARC)」を取得までの流れはこんな感じらしい。

・労働局で労働許可証の申請(一ヶ月間くらい)

・労働許可証を持って、外交部で就労ビザ申請(一ヶ月間くらい)

・移民局で居留証の申請(2週間ほど)

うーむ、2ヶ月半くらいかかるのか。思ったより時間がかかる。
必要書類も調べていると、会社の在職証明とか最終学歴の卒業証書も必要らしい。
無事に労働許可を取得することができるのか?と、メンタルの弱い私はまたしても不安になってくるのであった。

次回、会社との契約書内容

バックナンバー↓

①(サイトへの登録) ②(面接までの道のり) ③(面接会場までの試練)

④(面接会場での落胆)⑤(求人サイト登録の見直し) ⑥(挫折と職種の見直し) 

⑦(面接のチャンス到来)⑧(台中への面接) ⑨(いよいよ面接!)

⑩(台中での面接その2) ⑪(台中での面接その3

⑫(台中での面接その4) ⑬(面接から数日後の話)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる