コロナ自宅療養

台湾のコロナ市中感染者数は増加傾向にあり、本日(4月9日)発表された患者数は、今年に入って最多となりました。

衛福部から発表されたコロナ対策ガイドライン(4月8日)によれば、もし一日1500人以上の感染者がでた場合、コロナ在宅ケアを実施するとの発表がありました。

この在宅ケア条件に適合するのは

①コロナ感染患者さんと同居者ともに65才未満、妊娠や透析なし

②患者さんは一人一室の隔離で、同居者はコロナ陰性で4人まで

③無症状あるいは軽症 となっています。

もし浴室・トイレが分離されてない場合は、ユニットバス使用時は必ずマスクを着用、また、毎回のアルコール消毒などが推奨されています。

隔離満期後、患者さんは一週間の自主健康管理、同居人も強化版自主健康管理が求められ、自宅用コロナ検査キットで陰性、またPCRのCt値が30以上など、と隔離解除条件も決められています。

唾液や咽頭検査についても、公式動画で紹介されていますので、衛福部のホームページを随時確認してください。

引用:指揮中心公布「COVID-19確診個案居家照護管理指引」,請符合資格民眾配合落實相關事項

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる