ワクチンパスポート

EU(European Union:欧州連合)は、12月21日に新型コロナワクチン接種の電子ワクチンパスポートを台湾と相互に承認する措置を決定し、台湾で発行された同パスポートがEU加盟国27カ国とその他33カ国で使用できるようになりました。しかし、日本は含まれていません。

本協会は、この件に関し郭国文立法委員に台湾政府として日本政府に台湾の接種証明書認定を働きかけるよう要望しています。
参照:日本政府の台湾ワクチン接種証明書の認定について要望しました

私個人としては、3月と5月にアストラゼネカを接種し、12月にモデルナのブースターワクチンを打ちました。
その後、台湾の電子ワクチンパスポートを申請し、今年開催予定のマラソン大会などにも電子ファイルを送っています(プライバシーのため写真を一部加工していることをご容赦ください)。


マラソン大会申し込みフォームから電子ワクチンパスポートをアップロードすることができます。詳細はリンクをご覧ください。
参照:2022台南古都マラソンの日程等が発表されました

しかし、1月4日に台湾北部にて新型コロナのオミクロン株の市中感染が初めて確認されました。隔離用ホテルの滞在中や、国際空港の従業員の感染が懸念されています。これを受けて、ブースター接種前の間隔が5ヶ月以上だったのが、12週間(3ヶ月)以上に短縮されました。
参照:ワクチン副反応と「基礎加強」「追加劑」

今後も防疫情報に注意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる